My Home Style BLOG

MY HOME STYLE


目  次
BLOG
輸入住宅産業協議会
輸入住宅のことなら
My Home Style
セルコホーム
メープルホームズ
東急ホームズ
スウェーデンハウス
フロンヴィルホーム千葉
アーデンホーム
NEWアメリカンホームズ
インターデコハウス
リライアブル
ドンナハウス


<管理者用>
投  稿























2012年11月7日(水)
 企業情報リストのご案内
詳細はこちら>>

2012年10月18日(木)
 エクセルで苦労されていませんか・・・・
詳細はこちら>>

2012年10月5日(金)
 企業情報リストのご案内
詳細はこちら>>

2012年8月29日(水)
 得意先開拓のご案内
詳細はこちら>>

2012年8月22日(水)
 事務処理改善情報
詳細はこちら>>

2011年2月22日(火)
 ライフスタイルについて
詳細はこちら>>

2011年2月22日(火)
 Iハウスについて
詳細はこちら>>

2011年2月22日(火)
 Iハウスとライフスタイル
詳細はこちら>>


◆人気の秘密
 輸入住宅の人気の秘密は、デザインのよさと快適な居住性、抜群の機能性にあります。 新しいライフスタイルも発見することでしょう。
 また、輸入住宅の持つ性能の良さも人気があります。断熱性、気密性、遮音性が高いこと、さらに、高い技術力から生まれた耐久性や耐震性など、その性能の高さを消費者が評価し、人気につながったのでしょう

◆洗練された個性的なデザイン、とワイドな間取り。
ヨーロッパスタイルの住宅の外観は、素朴で重厚感にあふれ、自然との調和とあたたかみが大切に守られています。シンプルながら骨太といったイメージがあります。
 一方、外観デザインが多彩な北米住宅は、19世紀に新天地アメリカに渡って来たヨーロッパ移民たちのフロンティアスピリッツの証し。子孫へ残す財産として建てられた、華麗で堅牢なアーリー・アメリカン・スタイルの家が今でも主流となっています。

◆安心と信頼
耐久性
 輸入住宅は森林資源豊富な国々で生まれているため、その使用木材は品質確かなものばかり。含水率が低く、よく乾燥した木材が使われ、防腐・防虫処理に関しても十分配慮されています。3代まで安心して暮らせる、まさに100年住宅の耐久力といえます。
耐震性
 輸入住宅の構造は、ヨーロッパ・北米スタイル共に“面構造”が主流です。壁全体が柱の代わりとなって建物を支える、箱状の「6面体構造(4つの壁と天井、床で構成)」となっているため、地震にとても強い造りとなっています。

◆快適・省エネ(冬暖かく、夏涼しい。)
 快適な暮らしを応援する、気密性と断熱性が格段に優れています。厚い断熱材をたっぷり使用し、窓はペアガラスや三層ガラスが標準仕様となっている輸入住宅は、室内の快適温度を外へ逃しません。輸入住宅が“魔法瓶”に例えられるのも、こうした高い断熱性からです。

詳しくは輸入住宅産業協議会ホームページをご覧下さい。。