輸入住宅を知ろう 輸入住宅の性能

MY HOME STYLEHOMESITEMAP

> HOME > 輸入住宅を知ろう > 輸入住宅とは > 4.輸入住宅の性能



まとめて資料請求 気になる輸入住宅会社に、まとめて資料請求ができます。

輸入住宅についてもっと知ろう おしゃれで、耐久性、耐震性にすぐれた輸入住宅

MY HOME STYLE 輸入建材紹介

4.輸入住宅の性能


これからの住宅としてふさわしい、優れた耐久性・耐震性・耐火性。
輸入住宅の最大の特長は、住み心地が快適で、しかも、地震や火事にも強く耐久性に優れた"長持ち住宅"であるという点です。

■耐久性
輸入住宅は森林資源豊富な国々で生まれているため、その使用木材は品質確かなものばかり。含水率が低く、よく乾燥した木材が使われ、防腐・防虫処理に関しても十分配慮されています。3代まで安心して暮らせる、まさに100年住宅の耐久力といえます。

■耐火性
木材を多く使った輸入住宅は火災に弱いと考えられがちですが、必ずしもそうではありません。木は一定以上の太さになると、熱が芯まで伝わりにくくなり、断熱効果が働きます。輸入住宅は、壁・床・天井ともに分厚い木材が使用され、骨太な構造となっているものが多く、しかも、主要木材の露出が少ない面構造。また、ファイヤーストップ材(火災拡大防止材)が壁中に組み込まれている建物は可燃性ガスの発生を防ぐという効力もあります。

■耐震性
輸入住宅の構造は、ヨーロッパ・北米スタイル共に"面構造"が主流です。壁全体が柱の代わりとなって建物を支える、箱状の「6面体構造(4つの壁と天井、床で構成)」となっているため、地震にとても強い造りとなっています。

  back next


To pagetop

Presented by IHIO 輸入住宅産業協議会